新着イベント情報

リッツ美容外科院長インタビュー【美容外科医師求人・美容皮膚科医師求人・美容クリニック医師求人】

リッツ美容外科院長インタビュー【美容外科医師求人・美容皮膚科医師求人・美容クリニック医師求人】

Introduce

日本形成外科学会や日本美容外科学会等で数々の論文を発表し、1998年に発表した「頬骨骨切り手術」が最高栄誉である日本美容外科医師会会長賞受賞を始め、数々の栄誉ある賞を授与。顔面骨手術や鼻手術を初めとする美容形成分野を中心に数々の功績を残し、国内外から高い評価を受け、美容医学の発展に貢献しています。

これまでのご経験や美容医療へ携わるきっかけを教えて下さい。

院長院長

私は手先が器用で、図画工作が得意な子どもでした。山梨医科大学(現:山梨大学医学部)卒業時、ダイナミックな一般外科手術に惹かれながらも形成外科を選んだのは、より繊細な手術の方が、自分の特性を活かせるのではないかと考えたからです。
当時の東大医局は、波利井清紀教授率いるマイクロサージェリーによる再建手術を主としていました。大学病院内では美容外科手術を見られる機会は多くなかったため、医局員が多く出入りしていた美容外科・伊藤クリニックで、週2回ほど見学の機会をいただいていました。そこで美容外科の奥深さに開眼した私は、非常勤医として比較的簡単な手術から担当させていただくことになります。
東大病院、都立広尾病院、東京警察病院、静岡県立総合病院、東京専売病院などでの研修を経験し、形成外科医として5年目を迎えたころ、会津竹田総合病院へ1年間の出向が決まります。この期間に唇裂、口蓋裂、顔面骨骨折、マイクロサージェリー、熱傷など、形成外科医として幅広く修練を積むことができました。研修の延長を医局に交渉するも叶わず、1994年に東大形成外科を退局し、伊藤クリニックで常勤医師として美容外科人生をスタートさせることとなりました。

これまでに技術習得のために行かれたクリニックの中で、特に印象に残っているクリニックはございますか?

そうですね。伊藤クリニックでは、伊藤雄康院長のご指導のもと、眼瞼形成術、鼻形成術、フェイスリフト手術、顔面骨切り術、乳房形成術、脂肪吸引術など、美容外科全般を幅広く学びました。90年代は、今のようにフィラーやレーザー、スレッドリフトが普及しておらず、年間100症例ほどのSMASリフトを担当させていただきました。耳介軟骨、側頭筋膜を組み合わせた鼻形成術の難症例も数多く経験しました。
その後3年間勤めたコムロ美容外科では、自家組織移植を主とする伊藤クリニックとは対極の、シリコンインプラントを用いた豊胸術や鼻形成術などを経験することとなります。また、顔面骨切り術の症例も多く、頬骨、エラ、オトガイ形成術などにも携わることができました。2つのクリニックからは美容外科医としての多くの財産をいただき、形成外科医として12年目となる2000年2月に、リッツ美容外科を開業いたしました。

医師としての価値を高めるために必要なものを教えて下さい。

開業時と現在とで、美容医療業界は大きく変わりました。医学部卒業後、早期に美容外科へと転身する若手医師も増えています。ここで議論となるのが、「形成外科を経験するのか、しないのか」という話ではないでしょうか。私は形成外科での経験は積んでおくべきだと考えており、実際に医師の採用を検討する際には、「8~9年の経験を積んだ形成外科専門医であること」が最初の敷居となります。そのような先生方は、何百症例もの形成外科手術に携わることで、縫合や剥離、止血などの基礎的な技術を身に着けています。これらは必ず美容に活かせる部分があるのです。

伊藤クリニック在籍時の私の給与は他院の半分ほどでした。しかし尊敬する先生のもとで沢山の学びを得たことで、次に移ったコムロ美容外科での給与は6倍になりました。東大医局や伊藤クリニックで経験を積んだ私を「重要な戦力だ」と評価してくださったのだと思います。若い先生方には「高級車に乗りたい」なんて夢もあるかもしれませんが、最初の10年ほどは寿司職人のように、自身の価値を高める修行のつもりでいるのが良いのではないでしょうか。苦労も沢山経験するでしょう。しかし、その後30年の医師人生は、きっと実りあるものになるはずです。「急がば回れ」だと伝えたいです。

これまでに失敗したご経験があれば教えて下さい。

外科医・経営者として2足の草鞋を履くことで、どちらか一方が疎かになってしまい、20年の間に実は多くの失敗も経験しています。持てる力の90%を外科医としての自分に注いでいたことから、信頼していたスタッフに多額の使い込みをされてしまったことは、最も大きな失敗のひとつだと言えるでしょう。
開業から10年ほどは50名ほどのスタッフが在籍していたため、派閥が生まれ、一度にまとまった人数が辞めてしまうこともありました。以来優秀なスタッフに長く勤めてもらうために気を配るようになり、20名ほどの組織が適正だと思い至りました。ここ5~6年でクリニックの規模を小さくしていき、安定した職場環境のなか10年以上勤めてくれているスタッフも多くいます。私自身の成長とともに、クリニックも成熟して居心地の良い場所となりました。
クリニック規模の縮小は、医療レベルの向上にもつながっています。多くの医師を雇えば多くの手術に対応できますが、その反面、専門性が薄れることによるトラブルも起きやすくなります。少人数ならば、行き届いた教育を行うことができ、下についた先生の力を伸ばすことに集中できます。良い結果を出すことで良い口コミが増え、多くの広告費をかけずとも患者様が集まる好循環が生まれました。こうした経緯もあり、現在当院では顔面骨手術、鼻手術に特化し症例数を積み上げています。

“10戦10勝を目指すことが信頼を生む”とのお考えについて教えて下さい。

時代の流れで低侵襲治療もトレンドとなっていますが、覚悟をもって当院にいらっしゃる患者様が求めるのは、やはり外科的手術。私も本気でお応えしなければと考えており、カウンセリングの結果「希望を叶えてあげられないな」と思えば、理由を丁寧にご説明して、他院への紹介状を書くことも少なくありません。「餅は餅屋」年齢を重ねると、こうした余裕が生まれてくるものです。経験から、患者様の気分を害さず手術を避ける方法も覚えました(笑)。
「なぜ手術してくださらないんですか?」と聞かれることもありますが、私が目指すのは「10戦10勝」。10人を手術したら、その全員に喜んでもらいたいのです。ダイナミックな変化は素晴らしいものですが、「明らかに不自然」「傷痕が目立つ」といったデメリットがメリットを上回るのならば、それは行うべき手術ではないでしょう。私自身も稼がなければならない時期を経験しており、偉そうなことは言えませんが、ぜひ若い先生方も10戦10勝を頭の隅に置いていただければと思います。きっと「信頼」という形でご自身に返ってくるはずです。

後継者を育てるお考えはありますでしょうか?

院長院長

まず私は手先の器用さから、開業時の42歳の私は「自分は手術が上手い」と大きな勘違いをしていましたが、今は「経験が器用さに勝る優秀な外科医を作る」と確信しています。机上で吸収した知見を実践に応用し、工夫を加える。これをひたすらに繰り返していくのみです。私自身の視力や体力は衰えましたが、努力を辞めない限り、外科的技術は進歩させられるのです。
これから考えるべきは、優秀な美容外科医の育成です。私たちが取り組む医療は「大量生産」ができないもの。システム化されたプログラムのもと、勤務してくれている医師たちの技術を確実に高め、世界と勝負できる「最強の美容外科集団」を目指していきます。
取り組みの一つとして、論文執筆にも励んでいます。実はコロナ禍の自粛を利用して仕上げたオトガイ形成術の論文の『Plastic and Reconstructive Surgery』(Impact Factor: 4.209)への掲載が決まりました。英語での論文執筆は容易なものではありませんが、世界中の医師に届けるためには必要な努力です。こうした取り組みが我が国にも根付くといいですね。私自身がその先駆けとなれるように、今後も年間1本のペースでオリジナル手術の論文投稿を続け、世界の美容医療の発展に貢献していきたいと思っています。

Profile

院長

医療法人社団リッツ美容外科 理事長
広比 利次 先生

 

経歴
1959年
東京都目黒区下目黒生まれ
東京大学理科Ⅱ類(3年間在学)
1989年
梨医科大学(現:山梨大学)医学部卒業
同年 東京大学形成外科学教室(波利井清紀教授)に入局
その後、東京警察病院(麻酔科)、都立広尾病院(整形外科)、静岡県立総合病院、東京専売病院、竹田綜合病院等で美容外科の基礎となる形成外科学を修得する
1994年
伊藤クリニック及びコムロ美容外科で美容外科を6年間学
2000年
リッツ美容外科東京院を開設

Clinic Information

最高水準の医療を提供すべく数多くの治療法を開発し、その斬新なアイデアは世界最高峰の医学論文ジャーナルにも掲載されています。他のクリニックではほとんど行われない高度な手術も数多くの実績があり、幅広い選択肢から患者様の「美」へアプローチしています。

Vol.01
一番の商品は”ドクターの技術力”と考え、
常にハイレベルなクリニックであり続ける

THE CLINIC 山川 雅之 総院長
Vol.02
世界一多くの[ありがとう]をもらい
世界一多くの[ありがとう]を贈るグループに!

メディアージュ 富島 隆裕 理事長・代表
Vol.03
10万件以上の症例実績
美しさを追求する美容整形外科

城本クリニック 森上 和樹 総院長
Vol.04
高品質美容医療をかかげ「美容外科・美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」の
総合美容クリニックとして飛躍し続ける

聖心美容クリニック 鎌倉 達郎 統括院長
Vol.05
男性美容クリニックのリーディングカンパニーとしてプライドを持ち
最良最適なサービスを提供する

ゴリラクリニック 稲見 文彦 総院長
Vol.06
美しさを追求し妥協を許さない美容業界のプロ集団。
医師研修体制に絶対の自信を持ち世界の美容をマーケットに!

SBC湘南美容外科クリニック 相川 佳之 統括院長
Vol.07
最先端の医療機器、各種レーザー治療で
最適な治療を行う美容業界のパイオニア

スキンクリニック 石井 良典 総院長
Vol.08
「夢を持って働けるクリニックを目指して」
スタッフ一人ひとりが輝ける環境で急成長中!

東京中央美容外科 青木剛志 総括院長
Vol.09
一緒に“燃えられる”ような、同じ志を持った仲間と
一緒に事業を拡げていきたい。

モッズクリニック 長野 寛史 院長
Vol.10
皮膚疾患で悩むすべての患者様を笑顔にしたい。
郊外で展開する皮膚科・美容皮膚科クリニック

はなふさ皮膚科 花房 火月 理事長
Vol.11
TMS治療で新しい世界を。
自由診療に新たな可能性を見出したクリニック

ブレインクリニック 川口 佑 顧問
Vol.12
結婚・出産後も医師が輝けるクリニックを目指して。
女性院長が考える新しい美容皮膚科の働き方とは。

くみこクリニック 向田 公美子 総院長
Vol.13
研修制度と働きやすさが安定の秘訣
男性器専門美容のパイオニア

東京上野クリニック 上伸会 理事長 河村 悦宏
Vol.14
幹細胞治療症例数1,000を突破する変形性膝関節症専門クリニック
ひざ関節症クリニック 大鶴 任彦 大宮院院長
Vol.15
『治療後も責任をもって長いサポートも行っていきたい』
お肌のホームドクターを目指して。

大西皮フ科形成外科医院 大西 勝 院長
Vol.16
50歳で美容へ転科
アンチエイジング治療に特化した美容クリニック

グランジョイクリニック 道上 育子 院長
Vol.17
美容医療を通じて人生をドラマチックに変え
おもてなしの心で感動の美容医療を提供する。

ラクル美容外科 山本 厚志 理事長
Vol.18
美容医療業界のZARAを目指して。
いまの時代に合った独自の手法で質の高い医療をリーズナブルな価格で実現するクリニック

LULA美容クリニック 武内 大 院長
Vol.19
自身のコンプレックスをやりがいに変える。
患者様ファーストのチーム医療を実現。

ハニークリニック 木村 文彦 院長
Vol.20
女性の悩みにトータルサポート。
婦人科×美容 かかりつけ医を目指して。

天神駅前婦人科クリニック 橋田 修 院長
Vol.21
着実にスキルを身に着け、満を持して開業。
皮膚科専門医取得後に美容医療へ進んだ今、想うこと。

ゆみ美容皮膚科クリニック 中山 由美 院長
Vol.22
細かい工夫を施し、顧客満足度を上げる。
まっとうな医療を提供するクリニック。

ながしまクリニック 長島 秀幸 院長
Vol.23
保険・自費診療、どちらも全力で取り組む。
地域に愛され、頼られるクリニック。

千春皮フ科クリニック 渡邊 千春 院長
Vol.24
女性の楽園をつくる
楽しく無理なく働ける美容皮膚科クリニック

エルムクリニック京都院 松本 友梨 院長
Vol.25
『楽しく、美しく』をテーマに。
過度な手術よりも「自然なキレイさ」を追求する美容医療。

芦屋美容クリニック 理事長 小西 和人
Vol.26
女性医師が築く美容業界でのキャリアとは。
圧倒的な存在感と人気の秘密に迫る。

麗ビューティー皮フ科クリニック 居原田 麗 院長
Vol.27
医療用HIFUの施術数が日本一!
「自分が受けたい治療」を提供することがモットーのクリニック

CHRISTINA CLINIC GINZA 松島 桃子 院長
Vol.28
「街のかかりつけ医」として一般皮膚科から美容皮膚科まで
幅広く診療を行っているクリニック

サマンサクリニック 貞政 裕子 院長
Vol.29
単に肌を治すのではない。
患者様をハッピーにするためにあらゆる治療を提供する。

トキコクリニック 小村 十樹子 院長
Vol.30
「1番綺麗なあなた!」を目指し、丁寧なカウンセリングと確かな技術で、
プチ整形から本格的な美容外科手術まで幅広く行うクリニック。

MIYAフェイスクリニック 宮里 裕 院長
Vol.31
高い技術力と豊富な経験・知識を兼ね備えるベテラン医師集団。
圧倒的な満足度を誇る注入専門のクリニック。

麻布ビューティクリニック 加藤 聖子 院長
Vol.32
多くの有名人から圧倒的な支持を受ける、
美容外科クリニックのこだわりと思いとは。

銀座TAクリニック 嶽崎 元彦 理事長
Vol.33
AGA患者1万件以上の治療実績から生まれた独自の発毛理論
「安心・安全・効果的な治療」を常に追求するAGAクリニック

ウィルAGAクリニック 宮内 シュン 統括院長
Vol.34
異色の経歴を持つ院長が、
全ての悩みと真摯に向き合い全力をつくす。

アヴェニュー表参道クリニック 佐藤 卓士 院長
Vol.35
脳の状態を可視化する、QEEG検査を導入。
自費診療に新たな可能性を見出す。

ブレインクリニック 坂 達典 院長
Vol.36
世界が認める技術とセンスを持つドクターが証明した、
大切なのは「場所」ではなく「質」であるということ。

東京ヒルズクリニック 杉浦 功修 院長
Vol.37
人類初の「若返り」を求めて。
世界が認める技術と信頼を獲得するアンチエイジング治療の名医

東京皮膚科・形成外科 池田 欣生 院長
Vol.38
コースメニューではなく、患者様の肌の状態に合わせ、
毎回治療方法を変える院長独自の「カスタマイズ治療」でリピーター続出。

KO CLINIC for Antiaging 黄 聖琥 院長
Vol.39
目の下のクマ・たるみといえば銀座みゆき通り美容外科。
長く患者様から愛されるクリニックの院長が想う
美容医のやりがい。

銀座みゆき通り美容外科 岩井 謙治 大阪院 院長
Vol.40
美容外科ドクターとして25年以上の経験があり、
高い経験値から的確なアドバイスと
最適な手術を行い、
患者様からの信頼の厚いクリニック

ジョウクリニック 重本 譲 総院長
Vol.41
世界に名を馳せる「白壁ブランド」、
美容医療の礎を築いた業界の重鎮

サフォクリニック 白壁 征夫 理事長
Vol.42
各分野の専門家集団で「理想的な美と健康が叶う」を
コンセプトに掲げ、チーム医療を展開する

自由が丘クリニック 佐藤 英明 院長
Vol.43
日本を代表するクリニックになることを目標に掲げ、
前進し続けるクリニック。

ビアンカクリニック 堀田 和亮 理事長
Vol.44
歴史ある業界最大手として、美容医療普及の一翼を担い未来を切り開いてきた。
長年業界を牽引するクリニックの”成功の秘訣と”大切な想い”とは

品川美容外科 綿引 一 理事長
Vol.45
日々の弛まぬ努力を重ね、圧倒的な症例数を誇り信頼を獲得。
多くのドクターから目標にされる、次世代を担う鼻施術の名医。

AiZ CLINIC 相澤 勝喜 院長
Vol.46
一般企業の人事担当から、医者の道へ挑戦した異色の経歴を持つ。
「世界一優しいドクター」をモットーに、目指すは美容クリニック界のミシュランへ

Original Beauty Clinic GINZA 佐藤 玲史 院長
Vol.47
強い想いを胸に国内外で世界最先端の技術・医療を学ぶ。
高度な目鼻の修正手術、全ての輪郭骨切り手術を手掛ける“規格外な美容外科医”

リゾナスフェイスクリニック東京 山口 憲昭 院長
Vol.48
患者様の「beautiful aging」を目指して、自分が受けたいと思う施術、おすすめしたい施術のみを提供していくことをモットーとする。
ふみビューティークリニック 先山 史 院長
Vol.49
若返り治療、特に目の下のクマ・たるみ治療のパイオニアとして
顔面のバランス治療を柱にした美容医療を提供する”孤高の外科医”

SO.グレイスクリニック 近藤 惣一郎 院長
Vol.50
世界最高峰と認められた技術と
独自の手術法が最高の美を創り出す。

リッツ美容外科 広比 利次 院長
NEW Vol.51
内科医から美容医療への挑戦
最新の技術を駆使した若返り治療や痩身の第一人者として名を馳せる

KUMIKO CLINIC 下島 久美子 院長
NEW Vol.52
産業医を志すことからスタートした医師としての人生。
注入専門クリニックとして“世の中の女性へ楽しく生きる活力を”与え続ける

SATO MOMOKO CLINIC 佐藤 もも子 院長
NEW Vol.53
二重整形症例数全国トップクラスの実績、日本を代表する美容クリニックを目指し
歩みを止めない、次世代を担う美容外科医

HAAB×DREAM BEAUTY CLINIC 田中 優太 院長
NEW Vol.54
保険診療・自費診療にこだわらず一人一人に合わせたベストな治療法を選択、
目指すはプラスアルファの満足

りょうこ皮ふ科クリニック 西林 涼子 院長

『登録1分』無料サポートサービスに登録する

ページトップ