これから、美容医療に挑戦するドクターへ-院長インタビュー-
これから、美容医療に挑戦するドクターへ-院長インタビュー-

Introduce

昨今、新興クリニックが乱立する中、伝統の中にも先進性を発揮し、進化しているクリニック…それが聖心美容クリニックです。現在全国9院、中国上海に1院を展開する同クリニックを率いる鎌倉統括院長は、美容医療界のオピニオンリーダーとしての注目度も高く、2016年は第104回日本美容外科学会(JSAS)の会長に就任。日々の診療に携わる傍ら、日本国内だけに留まらず、グローバルな視点で、美容医療界全体の発展を目指したいという想いで、精力的な活動を行っています。
真摯に、安全で高品質な美容医療の提供を掲げる同院は、いち早くから再生医療への取り組みを開始。豊富な症例数やこだわりのある手技など、まさに聖心ブランドたる裏付けを持った、美容医療の技術集団です。

聖心美容クリニックのコンセプト・強みを教えてください。

ここ最近、美容皮膚科、美容外科といった領域で自由診療も含めて診療を行う美容クリニックは増えていますね。美容医療においてやはり大切なのは「安全性」と「有効性」。
医療の進歩に伴い新しい技術も増えている中、医学的な根拠に基づいた安全性の高い治療であることは大前提です。また、受けた方にとって効果のある、つまり有効性も非常に重要ですね。これら根本的な要素を確保しながら、美容医療を提供していくということは、一貫したポリシーです。
日々患者様と接する上で、患者様の背景や気持ちを汲み取りながら治療を提案するのが、美容医療というサービスです。できるだけ患者様の立場を理解して最良の提案ができるよう、聖心の医師一同、研鑽を重ねています。
また、昨今は少子高齢化が進む時代です。若返り・アンチエイジングというカテゴリは我々の業界の主流でもあります。患者様の「若くありたい」「健康的にきれいでいたい」 という要望に対応し、末永くお付き合いできるようなクリニックであることも、基本的な強みでありコンセプトであります。

特に力を入れている施術やメニューはありますか?

一つは「再生医療」です。再生医療自体は古くからありますが、美容医療における再生医療は、患者様の生き死に、というよりも人生のクオリティを上げることが主な目的といえます。例えば再生医療の本来の意義でもあるのが、自分の組織を用いて、できるだけ自然な形で若さや美しさを手に入れること。日本人であれば、豊胸術は、異物を使うより、自分の脂肪で少しでも安全に自然に、と考える人が多いんです。再生医療の技術を美容に取り入れることは、そうしたニーズに応える上でも大きな意味を持ちます。

美容外科治療や美容皮膚科治療、その他の治療の割合を教えてください。

外科が3分の1、非外科的な中でも注入や糸を使った治療が3分の1、機械を使った治療が3分の1、が大まかな比率です。昔に比べると、外科の比率が少なくなっていますが、それが世の中の傾向でもあり、近年では海外でも同様です。
私たちのクリニックは、美容医療の“総合クリニック”いわばワンストップ・サービスプロバイダーであることを目指しています。そのため診療カテゴリも採用している術式も多岐にわたります。また、院内には形成外科出身の先生も多い。外科側からの美容医療を実践しながら、非外科的な侵襲の少ない技術も用いて、患者様のニーズに応える、つまり外科的アプローチも美容皮膚科的アプローチも柔軟に提供できることは一つの強みと捉えています。

聖心美容クリニックが考える医療サービスの本質について

医療サービスの本質は医学を基にしている、要はEBM (evidence-based medicine)が基本にはあると思います。そこをしっかり担保しながら最高最良の提案をやっていくことが根本的な本質だと思います。

聖心美容クリニックで勤務するドクターに伝えたい事とは

患者様がいて初めて僕らの技術やサービスが成り立つ仕事ですから、患者様に対する誠実さが大切です。
それから患者様は病院にくると緊張しますよね?自分の希望を言える患者様もいるのですが大部分は緊張されていて言う事を忘れたとか、十分意見や希望を話せなかったということもよくあります。それらをいかに上手に引き出すことができるか?というコミュニケーション能力が非常に重要になってきます。 昔あった一方通行の医療ではなく、双方向ですよね。話を聞いて双方向のコミュニケーションを取りながら医療をすすめていくことを常に基本に思っていてほしいです。

美容を始めたきっかけを教えてください。

私は元々外科出身で、形成外科ではなく「乳癌・消化器」などの一般外科から転身しました。6年間外科経験もあり、外科が好きなんです。
外科はいわば職人芸なので、常に「手術をしたい」「自分の腕を磨きたい」と思っていました。すると技を磨く中で、その結果をシビアではありますが「評価したい」「形にしたい」という思いが徐々に強くなってきたのです。そして、いわゆる表面外科に興味を持ち始めたのがきっかけです。

美容医療業界の今後のイメージを教えてください。

10年、20年前と比べて、皮膚科や内科など、美容医療に参入する医院が増えてきました。患者様にとって選択肢が増えるということはメリットですし、この流れは当面続くのではないでしょうか。一方で、美容医療を提供するクリニックの数が増えるにつれて、質の差も大きくなることは事実です。つまり質の低いクリニックが増えてしまうことは、業界全体のイメージの低下につながります。今後は、選択肢が増えることに伴って、個々のクリニック、先生方の医療技術やサービス面でのレベルアップをはかっていくような仕組みづくりが一層大事になってくると考えています。
実は日本における美容医療の特徴として、医師の裁量で診療を行いやすい、という点があります。表現として適切ではないかもしれませんが、法律下における美容医療、という意味でもややルーズな側面があるのです。例えば日本では、レーザー機器等で国内承認されているものはとても少ない。大部分は未承認ですよね。医師の裁量下に施術が許されているのです。もちろん医師の責任の問われ方はその分大きくなりますが。一方海外では、その国内で承認されている機器や技術でないと認められない、といった確固たるルールがあります。言い方を変えると、日本は、自由度の高い医療が実践しやすい国でもあるのです。だからこそEBM(evidence-based medicine)を認識し、最高・最良の治療を追求することが必要だと思っています。

美容医療に転科するドクターにアドバイスお願いします。

他の診療科と比べると、美容医療の現場では、患者様とコミュニケーションをとる時間や、質はとても重要です。例えば、患者様はクリニックにくると緊張される方も多い。自分の希望を伝えられる方もいれば、うまく伝えられなかったという方もいます。いかに引き出すか、というコミュニケーション能力が求められます。
経験を積むことで、技術に関してはある程度スキルアップは可能ですが、コミュニケーション力については、技術と違って伝授しづらい部分でもあります。自ら、コミュニケーションに興味を持つこと、そして、コミュニケーションこそが、美容医療ドクターとして大変大事な資質、ということを肝に銘じて向き合っていけば、よいドクターになれると思います。
人によっては、美容外科に転科するきっかけが「儲かる」から、というイメージを持たれているかもしれません。美容医療という仕事の本質を検討する前に、収入のほうが先行してしまうことがあるかもしれません。もちろん収入は大事ですが、この仕事をライフワークとするのであれば、うわべだけではない本質的なところを感じとりながら仕事をされたほうが絶対にハッピーだと思います。収入はその結果として必然的についてきます。

Profile

鎌倉 達郎 統括院長

経歴

1989年
宮崎医科大学医学部卒業
九州大学生体防御医学研究所附属病院(現・九州大学病院別府先進医療センター)勤務
1990年
九州大学医学部附属病院(現・九州大学病院別府先進医療センター)勤務
その後大手美容外科に5年間勤務し、その間福岡院の院長を歴任
2000年
優れた実績を評価され聖心美容外科(現聖心美容クリニック)に招聘
東京院副院長就任
2001年
福岡院院長就任
2003年
聖心美容クリニック東京院院長就任
2004年
聖心美容クリニック統括院長就任
2011年
上海院での診療開始
2015年
第104回日本美容外科学会会長に就任

資格・所属

第104回日本美容外科学会(JSAS)会長
日本美容外科学会(JSAS)理事
IMCAS World Scientific Committee,board member
IMCAS ASIA 2015 Scientific board member
IMCAS ASIA 2010 Faculty
日本美容外科学会(JSAPS)会員
日本美容外科学会(JSAS)専門医
日本美容外科学会(JSAS)会員
日本美容外科医師会会員
日本形成外科学会会員
日本外科学会認定医
日本外科学会会員
日本臨床抗老化医学会会員
日本再生医療学会会員
INAMED ACADEMY認定医
Corneal社公式認定医(日本第1号)
オバジスキントランスフォーメーション認定医
マクロレーン™認定医
レスチレン認定医
日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医
アクアフィリングKey Trainer

Clinic Information

カウンセリング風景 [東京院]


  • 待合室 [東京院]

  • エントランス [大宮]

  • 処置室 [大宮]
  • カウンセリング風景 [横浜院]

※分院求人・非常勤求人についてもお気軽にお問い合わせください。

Vol.01
一番の商品は”ドクターの技術力”と考え、
常にハイレベルなクリニックであり続ける

THE CLINIC 山川 雅之 総院長
Vol.02
世界一多くの[ありがとう]をもらい
世界一多くの[ありがとう]を贈るグループに!

メディアージュ 富島 隆裕 理事長・代表
Vol.03
10万件以上の症例実績
美しさを追求する美容整形外科

城本クリニック 森上 和樹 総院長
Vol.04
高品質美容医療をかかげ「美容外科・美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」の
総合美容クリニックとして飛躍し続ける

聖心美容クリニック 鎌倉 達郎 統括院長
Vol.05
男性美容クリニックのリーディングカンパニーとしてプライドを持ち
最良最適なサービスを提供する

ゴリラクリニック 稲見 文彦 総院長
Vol.06
美しさを追求し妥協を許さない美容業界のプロ集団。
医師研修体制に絶対の自信を持ち世界の美容をマーケットに!

SBC湘南美容外科クリニック 相川 佳之 統括院長
Vol.07
最先端の医療機器、各種レーザー治療で
最適な治療を行う美容業界のパイオニア

スキンクリニック 石井 良典 総院長
Vol.08
「夢を持って働けるクリニックを目指して」
スタッフ一人ひとりが輝ける環境で急成長中!

東京中央美容外科 青木剛志 総括院長
Vol.09
一緒に“燃えられる”ような、同じ志を持った仲間と
一緒に事業を拡げていきたい。

モッズクリニック 長野 寛史 院長
Vol.10
皮膚疾患で悩むすべての患者様を笑顔にしたい。
郊外で展開する皮膚科・美容皮膚科クリニック

はなふさ皮膚科 花房 火月 理事長
Vol.11
TMS治療で新しい世界を。
自由診療に新たな可能性を見出したクリニック

ブレインクリニック 川口 佑 院長
Vol.12
結婚・出産後も医師が輝けるクリニックを目指して。
女性院長が考える新しい美容皮膚科の働き方とは。

くみこクリニック 向田 公美子 総院長
Vol.13
研修制度と働きやすさが安定の秘訣
男性器専門美容のパイオニア

東京上野クリニック 上伸会 理事長 河村 悦宏
Vol.14
幹細胞治療症例数1,000を突破する変形性膝関節症専門クリニック
ひざ関節症クリニック 大鶴 任彦 大宮院院長
Vol.15
『治療後も責任をもって長いサポートも行っていきたい』
お肌のホームドクターを目指して。

大西皮フ科形成外科医院 大西 勝 院長
Vol.16
50歳で美容へ転科
アンチエイジング治療に特化した美容クリニック

グランジョイクリニック 道上 育子 院長
Vol.17
美容医療を通じて人生をドラマチックに変え
おもてなしの心で感動の美容医療を提供する。

ラクル美容外科 山本 厚志 理事長
Vol.18
美容医療業界のZARAを目指して。
いまの時代に合った独自の手法で質の高い医療をリーズナブルな価格で実現するクリニック

LULA美容クリニック 武内 大 院長
Vol.19
自身のコンプレックスをやりがいに変える。
患者様ファーストのチーム医療を実現。

ハニークリニック 木村 文彦 院長
Vol.20
女性の悩みにトータルサポート。
婦人科×美容 かかりつけ医を目指して。

天神駅前婦人科クリニック 橋田 修 院長
Vol.21
着実にスキルを身に着け、満を持して開業。
皮膚科専門医取得後に美容医療へ進んだ今、想うこと。

ゆみ美容皮膚科クリニック 中山 由美 院長
Vol.22
細かい工夫を施し、顧客満足度を上げる。
まっとうな医療を提供するクリニック。

ながしまクリニック 長島 秀幸
Vol.23
保険・自費診療、どちらも全力で取り組む。
地域に愛され、頼られるクリニック。

千春皮フ科クリニック 渡邊 千春
Vol.24
女性の楽園をつくる
楽しく無理なく働ける美容皮膚科クリニック

エルムクリニック京都院 松本 友梨
NEW Vol.25
『楽しく、美しく』をテーマに。
過度な手術よりも「自然なキレイさ」を追求する美容医療。

芦屋美容クリニック 小西和人
NEW Vol.26
女性医師が築く美容業界でのキャリアとは。
圧倒的な存在感と人気の秘密に迫る。

麗ビューティー皮フ科クリニック 居原田 麗
NEW Vol.27
医療用HIFUの施術数が日本一!
「自分が受けたい治療」を提供することがモットーのクリニック

CHRISTINA CLINIC GINZA 松島 桃子
NEW Vol.28
「街のかかりつけ医」として一般皮膚科から美容皮膚科まで
幅広く診療を行っているクリニック

サマンサクリニック 貞政 裕子

『登録1分』無料サポートサービスに登録する

ページトップ