いまの時代に合った独自の手法で質の高い医療をリーズナブルな価格で実現するクリニック
いまの時代に合った独自の手法で質の高い医療をリーズナブルな価格で実現するクリニック

Introduce

LULA美容クリニック

大手美容クリニックで院長を経験され、2019年7月にルラ美容クリニックを開業。
“Passion for the Best”(常に最高への情熱を)を胸に、『お客様の満足度を最大限上げる』という信念を持った若き院長の、これまでのキャリアと今後についてお話を伺いました。

これまでのご経験・美容に進んだ経緯について教えてください。

院長

まず形成外科に進んだのですが、その理由は職人のような技術に憧れたからです。例えば、消火器外科の先生が行う肝臓移植の手術で、一瞬形成外科の先生が登場する場面があります。十数時間の手術の中でほんの30分程度なのですが、細い血管を繋ぐことが形成外科医の仕事です。その手技がなければ手術が成立しないので、形成外科は技術屋というか、職人だなと思い、そんな手技を身に着けたいと思いました。2年間大学病院で勤務したのですが、その間に医局の新しい試みで大手美容外科クリニックに非常勤で働く機会がありました。そこで美容に触れ、簡単な二重にする手術などで患者様がとても喜んで帰られる姿を目にしました。命を救うわけではないですが、コンプレックスを解消して人生前向きに進めるようにできることにやりがいを感じました。あと、美容はまだまだ新しい分野なのでこれからの伸びシロを考えたら面白そうだなと思いました。もちろん形成外科の先輩に対しても憧れがありましたが、医局は年功序列なので長い目で見た時に10年、20年とチャンスを待つよりは、自分の力で道を切り開いていける方がいいなと思い、飛び込んでみました。
当時業界No.1の大手美容外科クリニックに入職して、新潟、上野、横浜で院長を経験させていただき、現在のクリニックを開業しました。

大手美容クリニック在籍中に、美容外科学会で発表された経験もありますよね?

そうですね。学会発表は自分の為にも良い機会になります。
発表するためにはその分野の論文を嫌でもたくさん読まなければいけないですし、自分の頭の中で整理できなければ人に伝えることはできないですからとても勉強になります。ただ、クリニックの運営側としては学会発表に否定的な部分があったりもします。技術が流出することは企業にとって命とりになる場合もありますからね。
学会発表については全面的に賛成という感じではありませんでしたが、いまになって色々と振り返ってみると勤務医として在籍していたクリニックには感謝しかないですね。形成外科2年の経験から入職させていただいて、手術が何でもできるようにまで育てていただき、最後も気持ちよく送り出していただきました。

開業することは以前から考えていたのでしょうか?

いや~。そうでもないですね。本当はもっと長く勤務医でいようと思っていたのですが、大手美容クリニックに勤めていると企業の方針があるので、本来は必要ないのにお勧めしなければいけないメニューもあり、たくさん診療している中でこの施術は本当にお客様のためになっているのかなと疑問を抱く瞬間がありました。自分のポリシーを貫いて、そのお客様の満足の為にやっていきたいと思った時にこのままでは難しい、開業すればお客様の満足のために頑張れるのではないかと思いました。

実際に開業してみていかがでしたか?

始めはお客様に来ていただけるのか分からず不安でした。結果的にたくさんお越しいただき、手術も大手の頃はたくさんやらせていただいていた方だと思いますが、今の方が何倍も手術を行っていますので開業して正解でした。
結果論ですが、自分の場合は大手の看板がない方が良かったのかもしれません。
まだ開業して1年経っていないので成功というのは早いかも知れませんが、たくさんのお客様にお越しいただいていますし、値段の高い施術を勧める必要がなく、お客様の満足の為に治療ができるので開業して良かったです。
ただ、仮に失敗していたらとても悲惨でしたね。上手くいっていなかったらスタッフの給与も支払えないですし、お客様を笑顔にすることができないですからね。

高田馬場に開院された理由を教えてください。

ひとことで言うと自信がなかったからです。銀座はベテランの先生やイケイケな先生がたくさんいらっしゃるのでそこで開業しても失敗するなと思い、美容クリニックがあまりない地域で天下を取りたいと考えました。例えるなら、大相撲ではなくわんぱく相撲で勝負するという感じでしょうか。開業が決まったあとに大手美容クリニックが同じ地域に分院を出すことを知って、その時は号泣しそうになりました(笑)
でも蓋を開けてみたら予想に反して県外からお越しいただく方が半数以上いたので、結果的には地域はどこでも良かったのかもしれません。

美容の難しさは何でしょうか?

空気を読むことでしょうか。
お客様がこんな二重にしたいと言ってその通りに手術したとしても、幅が広すぎる、こんなはずじゃなかったと言われてしまうことがあります。お客様の希望を叶えなければいけないのですが、ただそれをやったことで本当に満足するのかなと考えていかなければいけないのが初めは難しかったです。お客様が口にするオーダー以上にその背景にある要望を汲み取る必要があり、コツをつかむまでには時間を要しました。今は経験を積んだので自然にできるようになっていると思います。
例えば初期研修修了後に内科に決めた、外科に決めたという時は、人生を賭けて、フルコミットして物凄く勉強すると思うのですが、美容に対しても同じようにフルコミットできる人が成功すると思います。私は大手美容外科に入職して5年、月4日休みでフルコミットしていました。休みの日もセミナーや学会に行っていたので自分の時間はほとんどありませんでした。でもこれは保険の診療科に進んだ医師であれば当たり前のように全力で取り組むでしょう。美容だと何となく来てそれなりにやろうという感じの人もいますがそれでは難しいと思います。

求める医師の人物像を教えてください。

スキルはあるに越したことはないですが、それよりもカルチャーフィットを大切にしています。技術は教えることができますし、このままのペースで行けば、1年の手術件数が大手にいた頃の5年分に相当するくらいになるので経験するチャンスはたくさんあると思います。人柄が良い方、お客様の為に頑張りたいと思える方に来ていただきたいです。反対にプライドが高くて怖い先生は求めていないです。

今後の展望を教えてください。

高くて良いものを提供することは当たり前だと思うのですが、リーズナブルな価格で質の高い医療を提供したいという想いがあります。開業する前は、価格が安く、たくさんドクターがいる大手チェーンクリニックがあるので自分が開業する必要はないと思っていました。でも意外と大手でも値段の安い施術を受けに行ったら結果的に高い施術をしていたなんてこともあるので、お客様に営業することなく、ストレート直球で一人ひとりに魂を込めてやるクリニックは意外と少なく、そこのポジションは空いているのではないかと思っています。広告費をかけなれば十分売上は見込めますので、リーズナブルな価格も実現します。
SNSのみで発信してお客様が来ていただけるのは今の時代ならでは手法かもしれません。
特に紹介特典などはつけていないのですが、紹介のお客様が全体の10%いるのも当院の特徴かもしれません。
当院は主婦の方や学生さんが安心して通えるクリニックを目指しています。それは長い目で見て社会にとって価値のあるクリニックになれるはずですし、社会貢献にもつながると思います。
全国にニーズがあることも知りましたので今後は全国に展開していきたいと考えています。おかげ様で予約が取れにくくなってしまったので近く2院目を開院することが決まっています。
クリニックのブランドをしっかり育てたいという想いがあるのでリーズナブルな価格で質の高い医療を提供していくというコンセプトをぶらさずに展開していきたいです。 スタッフにとっても、ルラで働いていることを誇りに思ってもらえるような環境を作っていきたいです。
私はいま30歳なので、70歳までやるとしたらあと40年あります。この3年で10院まで展開できたら、あと37年で大きくできるかなと思います。ここから5年、10年は全力で駆け抜けたいと思っているので、一緒に盛り上げてくれる熱い想いを持った医師に来ていただきたいです。

Profile

武内 大 院長

武内 大 院長

経歴
2006年
宮崎大学医学部医学科 入学
2012年
宮崎大学医学部医学科 卒業
2012年
焼津市立総合病院 勤務
2013年
東京大学医学部附属病院 形成外科 勤務
2014年
埼玉医大総合医療センター 形成外科 助教
2015年
品川美容外科 千葉院 主任
2016年
品川スキンクリニック 新潟院 院長
2018年
品川美容外科 上野院 院長
2018年
品川美容外科 横浜院 院長

Clinic Information

Zu blühen → 開花する(ドイツ語)、Lächeln → 笑顔(ドイツ語)の意味を持つLULA美容クリニック。「素敵な笑顔を開花させる美容クリニック」というコンセプトに、たくさんの「お客様の笑顔を開花」させて末永く多くのお客様に通っていただけるよう、一人ひとりのお客様に向き合っているクリニックです。

Vol.01
一番の商品は”ドクターの技術力”と考え、
常にハイレベルなクリニックであり続ける

THE CLINIC 山川 雅之 総院長
Vol.02
世界一多くの[ありがとう]をもらい
世界一多くの[ありがとう]を贈るグループに!

メディアージュ 富島 隆裕 理事長・代表
Vol.03
10万件以上の症例実績
美しさを追求する美容整形外科

城本クリニック 森上 和樹 総院長
Vol.04
高品質美容医療をかかげ「美容外科・美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」の
総合美容クリニックとして飛躍し続ける

聖心美容クリニック 鎌倉 達郎 統括院長
Vol.05
男性美容クリニックのリーディングカンパニーとしてプライドを持ち
最良最適なサービスを提供する

ゴリラクリニック 稲見 文彦 総院長
Vol.06
美しさを追求し妥協を許さない美容業界のプロ集団。
医師研修体制に絶対の自信を持ち世界の美容をマーケットに!

SBC湘南美容外科クリニック 相川 佳之 統括院長
Vol.07
最先端の医療機器、各種レーザー治療で
最適な治療を行う美容業界のパイオニア

スキンクリニック 石井 良典 総院長
Vol.08
「夢を持って働けるクリニックを目指して」
スタッフ一人ひとりが輝ける環境で急成長中!

東京中央美容外科 青木剛志 総括院長
Vol.09
一緒に“燃えられる”ような、同じ志を持った仲間と
一緒に事業を拡げていきたい。

モッズクリニック 長野 寛史 院長
Vol.10
皮膚疾患で悩むすべての患者様を笑顔にしたい。
郊外で展開する皮膚科・美容皮膚科クリニック

はなふさ皮膚科 花房 火月 理事長
Vol.11
TMS治療で新しい世界を。
自由診療に新たな可能性を見出したクリニック

ブレインクリニック 川口 佑 院長
Vol.12
結婚・出産後も医師が輝けるクリニックを目指して。
女性院長が考える新しい美容皮膚科の働き方とは。

くみこクリニック 向田 公美子 総院長
Vol.13
研修制度と働きやすさが安定の秘訣
男性器専門美容のパイオニア

東京上野クリニック 上伸会 理事長 河村 悦宏
Vol.14
幹細胞治療症例数1,000を突破する変形性膝関節症専門クリニック
ひざ関節症クリニック 大鶴 任彦 大宮院院長
Vol.15
『治療後も責任をもって長いサポートも行っていきたい』
お肌のホームドクターを目指して。

大西皮フ科形成外科医院 大西 勝 院長
Vol.16
50歳で美容へ転科
アンチエイジング治療に特化した美容クリニック

グランジョイクリニック 道上 育子 院長
Vol.17
美容医療を通じて人生をドラマチックに変え
おもてなしの心で感動の美容医療を提供する。

ラクル美容外科 山本 厚志 理事長
Vol.18
美容医療業界のZARAを目指して。
いまの時代に合った独自の手法で質の高い医療をリーズナブルな価格で実現するクリニック

LULA美容クリニック 武内 大 院長
Vol.19
自身のコンプレックスをやりがいに変える。
患者様ファーストのチーム医療を実現。

ハニークリニック 木村 文彦 院長
Vol.20
女性の悩みにトータルサポート。
婦人科×美容 かかりつけ医を目指して。

天神駅前婦人科クリニック 橋田 修 院長
Vol.21
着実にスキルを身に着け、満を持して開業。
皮膚科専門医取得後に美容医療へ進んだ今、想うこと。

ゆみ美容皮膚科クリニック 中山 由美 院長
Vol.22
細かい工夫を施し、顧客満足度を上げる。
まっとうな医療を提供するクリニック。

ながしまクリニック 長島 秀幸
Vol.23
保険・自費診療、どちらも全力で取り組む。
地域に愛され、頼られるクリニック。

千春皮フ科クリニック 渡邊 千春
Vol.24
女性の楽園をつくる
楽しく無理なく働ける美容皮膚科クリニック

エルムクリニック京都院 松本 友梨
NEW Vol.25
『楽しく、美しく』をテーマに。
過度な手術よりも「自然なキレイさ」を追求する美容医療。

芦屋美容クリニック 小西和人
NEW Vol.26
女性医師が築く美容業界でのキャリアとは。
圧倒的な存在感と人気の秘密に迫る。

麗ビューティー皮フ科クリニック 居原田 麗
NEW Vol.27
医療用HIFUの施術数が日本一!
「自分が受けたい治療」を提供することがモットーのクリニック

CHRISTINA CLINIC GINZA 松島 桃子
NEW Vol.28
「街のかかりつけ医」として一般皮膚科から美容皮膚科まで
幅広く診療を行っているクリニック

サマンサクリニック 貞政 裕子

『登録1分』無料サポートサービスに登録する

ページトップ